蓄電・節電.com

平成27年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金の公募がスタートしました!

企業の省エネ対策のプロが補助金を活用した設備更新を申請から施工まで徹底サポートします! 【選ばれる理由1】設備の現状を把握し、設備更新の長中期計画の立案をお手伝いします! 【選ばれる理由2】補助金申請の書類作成、申請手続きに関する業務をサポートします! 【選ばれる理由3】エンジニアリング会社だから補助金活用のご相談から、施工までワンストップ対応!

まずはお問い合わせ

設備更新計画の第一歩!事前診断シートをお送りいたします。補助金を活用した設備更新についてのご相談・お問い合わせはこちら

こんなお悩はございませんか? どの設備がエネルギーコスト上昇の原因になっているのかわからない… 昨年の申請では不採択になってしまった… 予算は確保している。早く実施して効果を出したい…

おまかせください!

わたくしたちオムロン フィールドエンジニアリングはお客様の悩みにお答えし、補助金を活用した設備更新のノウハウを保有しています。

オムロン フィールドエンジニアリングの設備更新サービスが選ばれる3つの理由 【選ばれる理由1】設備の現状を把握し、設備更新の長中期計画の立案をお手伝いします! 【選ばれる理由2】補助金申請の書類作成、申請手続きに関する業務をサポートします! 【選ばれる理由3】エンジニアリング会社だから補助金活用のご相談から、施工までワンストップ対応!

【理由1】設備の現状を把握し、設備更新の長中期計画の立案をお手伝いします!

工場の設備のエネルギー使用状況や運転状況を把握することができた!

設備の老朽化の状況やコストを上げている要因がわかる! お医者さんが健康診断を行うように、エネルギー診断のプロがお客様の施設を訪問し、設備の簡易エネルギー診断を実施。ユーティリティ設備全体でのエネルギー使用状況や運転状況を把握し、お客様と課題を共有します。

最適な省エネ設備改善策や費用が明確になり、中長期計画を立案することができた!

設備更新にかかる費用が明確に! 簡易エネルギー診断の結果と抽出した課題をもとに、お客様のエネルギー使用状況やご予算など、実情に見合った中長期での設備更新計画を策定し、計画に対する投資費用を算出します。ご担当者様が社内での予算化へのご提案に必要な支援を全力で行います。

【理由2】補助金申請の書類作成、申請手続きに関する業務をサポートします!

めんどうな申請書類の作成も無事、終えることができた! 採択に向けて前進!

手ごたえあり!採択に向けた申請書類ができた! 膨大な資料と面倒な種類作成、エネルギー削減の試算・・・。補助金の申請準備には多大な労力が必要となります。わたしたちは高度な専門知識と豊富なノウハウで採択に向けた申請書類の作成をサポートします。

補助金申請の手順がわからなくて困ったけれど、プロのサポートのおかげでうまく進めることができた!

わからないことだらけの申請準備もプロのサポートがあるから安心! 「補助金申請の手順がわからない…。」「採択条件に向けた申請書類を作成するには?」「申請に必要な書類はそろっているのか?」など、補助金の申請手続きに関する疑問やお困りごとについて、経験豊富なプロがサポートします!

【理由3】わたしたちはエンジニアリングカイスアです。補助金活用のご相談から、施工までワンストップ対応!

補助金活用の相談から、診断・計画・設計・施工・アフターフォローまで、一括でお願いできるから信頼できる!

ワンストップ対応!さまざまなベンダーを使い分ける必要がなくて便利! わたしたちオムロン フィールドエンジニアリングは、電気代、燃料代などのエネルギーコスト削減、エネルギー安定供給対策の両面から、診断・計画・設計・施工までを自社にてワンストップでご提供できるエンジニアリング会社です。 エンドユーザーであるお客様と直接向き合うことで、変化を続けるお客様の課題やニーズをタイムリーに把握し、常に最適なソリューションをご提供する体制により、お客様の満足度向上に努めています。

お問い合わせ

設備更新計画の第一歩!事前診断シートをお送りいたします。補助金を活用した設備更新についてのご相談・お問い合わせはこちら

工場・事業場などで設備改善・更新をご検討中の企業様に最適な「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」について

エネルギー使用合理化等事業者支援補助金とは…? 地球温暖化対策や節電対策を目的に、国をあげた省エネルギーを実践するため、「省エネルギー効果」「費用対効果」「技術の先端性」が高いものと認められる設備導入費について支援する補助事業です。工場・事業場における先端省エネ設備への入れ替えや製造プロセスの改善など既存設備の省エネ改修に必要となる費用に対し、補助を行います。昨年度(平成26年度)からはエネルギーマネジメントシステム(EMS)を用いた省エネの取り組みや電力ピークにかかる費用に補助対象に追加されました。

平成27年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金の公募概要

【補助事業名】平成27年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金

【補所管(執行団体)】経済産業省 (一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII))

【事業概要】既設の工場・事業場等における先端的な省エネ設備・システム等の導入であって、「省エネルギー効果・電力ピーク対策効果」、「費用対効果」及び「技術の先端性」を踏まえて政策的意義の高いものと認められ、エネルギー使用合理化等事業者支援補助金交付規程に基づき一定の要件を満たす事業に対して国庫補助金(経済産業省からのエネルギー使用合理化等事業者支援補助金交付要綱第3条に基づく国庫補助金)の交付を行います。具体的には、工場・事業場等における既設設備・システムの置き換え、又は、製造プロセスの改善等の改修により、省エネルギー化を行う際に必要となる費用を補助します。また、電力ピーク対策についても支援対象に追加するとともに、エネルギー管理支援サービス事業者(以下「エネマネ事業者」という。)と連携し、エネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入することでより一層の効率的・効果的な省エネルギーを実施する事業を支援対象に追加することとします。

【公募期間】平成27年6月19日(金)〜平成27年7月15日(水) ※17:00必着

【対象者】事業活動を営んでいる法人及び個人事業主

【補助金限度額】上限:1事業あたりの補助金 50億円/年度 下限:1事業あたりの補助金 100万円/年度(補助金100万円未満は対象外) ※補助率1/3の場合は補助対象経費300万円、1/2の場合は200万円。

【事業期間】交付決定日から平成28年1月29日 原則単年度事業とする。

【事業区分及び補助率】(表)※出典:一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)

工場、病院、オフィスなどの生産設備、空調設備、照明設備等を、高効率かつ最新の機器へ更新し、エネルギーコスト削減を達成したいとお考えの事業者様にとって有効な補助金制度です。エネルギー使用合理化等事業者支援補助金の補助の対象となる事業者は、事業分野や企業規模が幅広く、中小企業から大企業にいたるまで、さまざまな事業者を対象としています。また、建築用途にも制限はなく、工場や事務所、オフィスビルなどあらゆる建築用途が対象になります。

お問い合わせ

設備更新計画の第一歩!事前診断シートをお送りいたします。補助金を活用した設備更新についてのご相談・お問い合わせはこちら

補助金を活用し『設備改善』する流れ:初回ご提案から削減目標ご提示(約1ヶ月)→補助金申請から採択(約2ヶ月)→空調、照明、コンプレッサー、高効率変圧器などの設備改修工事(約2ヶ月)→工事から1年後、削減結果を経済産業省に提出

省エネ対策を実施する場合、施設内のこのような設備にエネルギー課題が発生します。【空調】【換気扇】【コンプレッサー】【断熱材】【照明】【ボイラー】【ポンプ・ファンのインバータ化】【コジェネ】

設備改善の代表的な例【高効率空調機】【LED照明の導入】【コンプレッサーの吐出圧低減】【デマンド空調制御】【冷却水ポンプ インバーター制御】【換気扇コントローラ】

施設の規模が大きくなるほどエネルギーコストや設備投資費は高額になりますが、エネルギー課題を改善するための設備の導入・更新をご検討の際、経済産業省などが公募する各種補助事業を活用することにより、初期投資額を大幅に圧縮することができます。

お問い合わせ

設備更新計画の第一歩!事前診断シートをお送りいたします。補助金を活用した設備更新についてのご相談・お問い合わせはこちら

補助金を活用した設備更新はオムロン フィールドエンジニアリングにおまかせください

わたしたちはエネルギー診断〜設備更新までワンストップでご提供できる数少ない総合エンジニアリング企業です。 わたしたちオムロン フィールドエンジニアリングは、電気代、燃料代などのエネルギーコスト削減、また新・再エネを活用したエネルギー安定供給の両輪を手がける、数少ないエンジニアリング会社です。 
エネルギー削減対策、エネルギー安定供給対策の両面から、診断・計画・設計・施工までを実施させていただいております。企業が抱えるエネルギー課題への対策を通じ、全国のさまざまな業種、業態の事業者様と長期的に信頼ある関係を構築しております。

お問い合わせ

設備更新計画の第一歩!事前診断シートをお送りいたします。補助金を活用した設備更新についてのご相談・お問い合わせはこちら

導入事例&お客さまの声 昨年度(平成26年度)エネルギー使用合理化等事業者支援補助金を活用して設備を更新されたお客さまの声

デマンド値の大幅低下により、電力コストの削減を達成 前原製粉株式会社様

前原製粉株式会社社長 前原啓作様 オムロン フィールドエンジニアリング(以下OFE)のセミナーがあるということで、当社でコスト削減に取り組んでいた社員が参加しました。そこで、まずはエネルギー診断をという話になったのです。包装餅工場の設備もそろそろ更新時期だし、こちらでもどうしようかなと考えているタイミングでした。補助金制度についても、いろいろあるんだなと思ってはいましたが、申請が通るかどうかわからないし、工場の稼働期間との兼ね合いでタイミングが難しい。そんな中で、補助金も含めて具体的に提案いただいたのは、OFEだと思っています。京都を代表する企業としてのブランド力もあるし、商品ありきのスタンスではないので、良心的というか、安心できた。コンサルの内容も押しつけに感じず、うちにとってはメリットがあると強く感じましたので。(設備更新後は)デマンドが大幅に減りましたね。餅工場の空調改修の工事期間を7月から8月にしたのは、デマンドピークのくる9月に間に合わせたかったというのもあります。工事を終えた9月はまだ残暑があるにも関わらず、前年の同じ月に比べて、デマンドが15kWぐらい減っています。【更新した設備】コンデンシングユニットの更新/AHUコイルユニットの更新/コンプレッサーの更新/水銀灯を無電極誘導ランプに更新

導入事例&お客さまの声 昨年度(平成26年度)エネルギー使用合理化等事業者支援補助金を活用して設備を更新されたお客さまの声

補助金が出るタイミングが合ったのと、ちょうど、オムロン フィールドエンジニアリングから提案をしていただいたのが、一番大きなきっかけになりました 株式会社桔梗屋様

(左から)株式会社桔梗屋 取締役 樋口様 株式会社桔梗屋 施設管理部 谷口様 設備の空調関係が古いし効かないというのと、蛍光灯の交換率が高いということですね。LEDに変えれば、交換する頻度も減りますし。電気の消費量を少なくするというのが大きな課題でした。補正予算の補助金が出るというのが、やはり一番大きいですね。5年ほど前から金額などいろいろ見積もってもらったこともあるんですが、コストも掛かるので、ずっと悩んでいました。補助金が出るということでタイミングが合ったのと、ちょうど、オムロン フィールドエンジニアリング(OFE)から提案をしていただいたのが、一番大きなきっかけになりました。工程から企画、書類作成など、全てしていただいたというのもありますし、ネームバリュー!信頼性!もありますね。当社は夜間工事しかできないのですが、工事業者さんの選定や人の配置を全てやっていただきました。ですから、こちらとしては施主側としての監督管理だけで済んだというのが、非常に大きなメリットですね。【更新した設備】PAC空調機を高効率タイプへ更新/冷凍・冷蔵設備を高効率タイプへ更新/旧型蛍光灯や白熱灯をLED照明へ更新

お問い合わせ

設備更新計画の第一歩!事前診断シートをお送りいたします。補助金を活用した設備更新についてのご相談・お問い合わせはこちら

補助金を活用した設備更新ご相談・お問い合わせは今すぐ!

今ならWEB限定 先着20社様に、省エネ対策に役立つPDF資料を無料で進呈させていただきます。

「施設のエネルギー使用状況を把握し課題を具体化したい」「補助金を上手に活用してエネルギー課題を解決したい」そんな企業のご担当者様!

オムロン フィールドエンジニアリングにぜひご相談ください。

お問い合わせ

設備更新計画の第一歩!事前診断シートをお送りいたします。補助金を活用した設備更新についてのご相談・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ