太陽光発電イメージ画像

メガーソーラー太陽光発電システム

【3】売電事業運営リスクを軽減させる

SPCスキームの活用

第三者もしくは自らがSPC(特別目的会社)を設立することによって、太陽光発電設備導入・売電事業運営に係る投資負担、事業運営リスクを複数の事業者(投資家)で分担するスキームです。

メリット

設備維持管理及び運営

SPCへ一括で任せることができ、事業運営リスクが発生しません。

投資に見合った収益の確保

出資額に応じてSPC収益が分配されます。

実績

オムロンフィールドエンジニアリングでは、貴社に最適なスキーム作りをサポートいたします。
※詳細についてはお問い合わせください。
※その他の実績例:集合賃貸住宅の屋根を活用した「屋根借り太陽光発電プロジェクト」

リース会社活用

メリット

投資額圧縮

通常は初期に多額の費用が必要になりますが、リース契約により余裕資金を他の緊急な資金利用などに活用できます。

設備管理の事務手続き簡素化

設備所有者はリース会社となるため、資産管理する必要がありません。



オムロンフィールドエンジニアリングでは、豊富な実績をもとにリース会社のご紹介もいたしております。

【協業実績リース会社】 ※順不同
三菱UFJリース株式会社様
芙蓉総合リース株式会社様
オリックス株式会社様
三井住友ファイナンス&リース株式会社様
株式会社九州リースサービス様
JA三井リース株式会社様

※リース会社活用についてのご質問、お問い合わせはコチラ



メガソーラー太陽光発電システム トップページ メガソーラーの条件 売電額最大化と売電ロス最少化
PAGE TOP ▲