WHAT'S NEW 最新情報

当社主催・スマートジャパン(アイティメディア様)ご協力によるセミナー
事例から学ぶ、省エネルギー対策のいま
~補助金の有効活用でエネルギー使用の最適化を実現~
東京・大阪にて開催

2015.2.24

本セミナーは、省エネルギー関連の補助金やこれまでの省エネルギー対策事例にフォーカスし、2015年の省エネルギー対策に役立つ内容をご紹介します。東京・大阪それぞれの会場にて複数の講師の方をお迎えし、ここでしか聴けない講演をご用意させていただきました。今後の省エネルギー対策のトレンドや政策動向をご理解いただくのに最適なセミナーとなっております。

特にこんな方におすすめの内容です。

  • エネルギー対策に課題を抱える経営者様
  • 老朽化した設備の更新や「省エネ」「省コスト」にご関心をお持ちの設備管理責任者様

開催概要

セミナー名 事例から学ぶ、省エネルギー対策のいま
~補助金の有効活用でエネルギー使用の最適化を実現~
主催 オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
共催・後援 (協力)スマートジャパン
日程/会場 2015年3月12日(木) 
東京/ap秋葉原
2015年3月20日(金) 
大阪/ナレッジキャピタルカンファレンスルーム
グランフロント大阪北館タワーB10階
開催時間
(東京・大阪共通)
14:00~17:00(13:30受付開始)
講演内容
【東京開催】
【基調講演】
『環境省の省CO2施策について』

地球温暖化対策においては再生可能エネルギーの最大限の導入と同時に、徹底した省エネルギー・省CO2の取り組みが不可欠である。本講演では、「省CO2」という観点からエネルギーにかかる日本の現状を概観するとともに、環境省の省エネルギー・省CO2対策推進のための施策を紹介する。

講師
環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 市場メカニズム室
室長補佐  飯野 暁 氏
【特別講演】
『国等の省エネ支援策(補助金等)活用のコツと考え方』

国の補助金等(支援策)は、省エネを進めていく上での実行、実現の可能性を広げる一方策です。しかし、この「省エネ補助金」を活用するにはコツを知っておく必要があります。また、補助金があっても知らなければ…。そこで補助金の見つけ方や申請の仕方等もご紹介します。

講師
財団法人 省エネルギーセンター
家庭省エネ・人材本部 人材育成事業部
専門職  鈴木 伸隆 氏
【講演】
『設備の老朽化更新とエネルギーコスト削減にお悩みの方へ
 ~オムロンFE 環境エンジニアリング事業のソリューションのご紹介~』
  • ライフサイクルコストで考える、設備の老朽化と省エネ
  • 補助金の活用、そのメリット・デメリット
  • 上手なリースの活用法
  • 事例紹介
講師
オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
環境エンジニアリング部 環境SE1課
担当マネージャー  村上 貴彦
講演内容
【大阪開催】
【基調講演】
『省エネからスマートエネルギー社会へ』

21世紀の人類にとっての最大の課題は、環境保全とエネルギー確保の両立である。日本は一時、原発の増設で乗り切ろうとしたが、3.11以降には難しくなった。今後の日本に必要なのは、創エネ、蓄エネ、省エネからなる賢いエネルギー活用である。2030年までには、15%の省エネを達成し、太陽光発電を中心とする再生可能エネルギーと蓄電池の併用で、電力総需要の30%を賄うことが必要だ。省エネ実現のためには、建物の断熱、照明のLED化のほか、自動車の電動化やカーシェアリング、更には定置型燃料電池の活用など、多様な手段を実施すべきである。

講師
立命館大学大学院
客員教授  村沢 義久 氏
【特別講演】
『国等の省エネ支援策(補助金等)活用のコツと考え方』

国の補助金等(支援策)は、省エネを進めていく上での実行、実現の可能性を広げる一方策です。しかし、この「省エネ補助金」を活用するにはコツを知っておく必要があります。また、補助金があっても知らなければ…。そこで補助金の見つけ方や申請の仕方等もご紹介します。

講師
財団法人 省エネルギーセンター
家庭省エネ・人材本部 人材育成事業部
専門職  鈴木 伸隆 氏
【講演】
『設備の老朽化更新とエネルギーコスト削減にお悩みの方へ
 ~オムロンFE 環境エンジニアリング事業のソリューションのご紹介~』
  • ライフサイクルコストで考える、設備の老朽化と省エネ
  • 補助金の活用、そのメリット・デメリット
  • 上手なリースの活用法
  • 事例紹介
講師
オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
環境エンジニアリング部 環境SE2課
担当マネージャー  上野 純治
参加費 無料
詳細・お申し込み スマートジャパン
東京開催 詳細・受付ページ
大阪開催 詳細・受付ページ
戻る
PAGE TOP ▲