WHAT'S NEW 最新情報

グリーンビル改修モデル事業、参加企業の二次募集が開始されました

2013.11.26

環境省『平成25年度グリーンビルディング普及促進に向けた改修効果モデル事業』の受託事業として、
株式会社三菱総合研究所が事務局となり参加企業の二次募集を 開始いたしました。

業務用ビル等の改修や設備・機器の更新を検討している(あるいは実施した)事業者を対象に、
環境省が診断機関を派遣し、改修前後の計測・診断と光熱費削減に繋がる対策のアドバイスを無料で実施されます。

今年度は、募集全体で改修等前診断が270件、改修等後診断が75件程度を予定しているようです。
この無料診断は、環境省が指定した診断機関が行います。

貴社所有のビルを総点検し、環境に配慮したエコなビルを目指す良い機会かと思われます。
当サイトを運営しているオムロンフィールドエンジニアリング株式会社も、診断機関として
指定を受けております。

【対象ビル】
概ね10,000m2以下のオフィスビル、庁舎、商業施設、病院、ホテル、学校、飲食店 (工場は対象外)で、
以下のいずれかに該当

  • ■今後1年程度以内に改修や設備・機器の更新を検討しているビル
  • ■過去に改修を行ったビル(改修前のエネルギー消費量データが把握されている)
  • ■設備・機器のチューニングを検討しているビル

【メリット】
ウォークスルー診断ではなく、各設備及び機器を一定期間エネルギー計測を行います。

  • ■診断により、光熱費削減に繋がる省エネ商法を無料で入手可能
  • ■計測結果は、他の支援制度の基礎資料として活用可能
  • ■省エネ改修等の効果を優良事例として環境省HPで公開・PR

【受付期間】

  • ■平成25年11月25日(月)~12月13日(金)必着

【関連項目】

  • グリーンビル改修モデル事業 参加企業募集のお知らせ(※ページの公開を終了しました)
  • 省エネトップ

【事業についての詳細】

戻る
PAGE TOP ▲