WHAT'S NEW 最新情報

CO2削減ポテンシャル診断で、設備更新計画を具体化させましょう!

2014.4.15

平成25年度「温室効果ガス排出削減による中小事業者等経営強化促進事業」のうち二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業 公募のお知らせ

 

一般社団法人低炭素社会創出促進協会は、環境省から「平成25年度 温室効果ガス排出削減による中小事業者等経営強化促進事業」の交付決定を受けて、中小事業所(大企業の一事業所も含まれます)におけるエネルギー起源二酸化炭素排出抑制のための二酸化炭素(CO2)削減ポテンシャル診断事業を実施すると発表しました。

事業の目的 中小事業所におけるエネルギー起源二酸化炭素排出抑制のための二酸化炭素削減ポテンシャル診断(以下、診断)の実施を支援することにより、運用面での改善や、低炭素機器の普及を促進し、地球環境保全に資することを目的としています。
事業の内容 診断機関が、補助金を受ける事業者に対し、工場やビル等の事業所における設備の電気・燃料等使用量の計測やデータ解析並びに設備の運用状況等の診断を行い、二酸化炭素排出量、エネルギー消費量削減のために有効と考えられる設備導入や運用改善等の対策を提案するとともに、対策に関する費用・効果等に案する情報を明らかにするものとしています。
事業実施機関 交付決定の日から平成27年2月28日までとします。補助金の精算に当たっては、診断機関から受領した診断結果報告書を添付する必要があります。
対象事業者

■民間企業

■独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第1項に規定する独立行政法人

■一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人、公益財団法人

■その他法律によって直接設立された法人

申請要件年間の二酸化炭素排出量50t以上、3,000t未満
採択予定件数約500件※原則先着順
補助金の交付額(定額補助) エネルギー計測あり 100万円(税抜)
エネルギー計測なし 50万円(税抜)
公募期間平成26年4月18日(金)~平成26年5月2日(金)
※諸条件がございます。詳しくはお問い合わせください。

本事業は、二酸化炭素を削減できる潜在的な能力を洗い出すことによってエネルギー課題を明らかにし、低炭素機器の導入を促進するための初期事業です。

オムロン フィールドエンジニアリングでは貴社のエネルギーコストに対する課題解決のために診断~設計~施工~検証と、ワンストップ対応いたします。当社は環境省『CO2削減ポテンシャル診断』の診断機関として多くの実績を積み重ねております。

お気軽にお問い合わせください。

オムロンFE 『CO2削減ポテンシャル診断』診断実績
平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 合計
6件 31件 15件 10件 62件

2013年度 企業の設備改善ご相談実績=396件

【関連項目】

戻る
PAGE TOP ▲