WHAT'S NEW 最新情報

【4次公募8/22まで】来年度にエネルギーコスト削減や老朽化設備の更新対策をお考えの事業者様にとって最適な補助金情報

2014.8.1

平成26年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(経済性を重視した二酸化炭素削減対策支援事業) に係る受診事業所の募集について

公益財団法人 日本環境協会は、環境省の「平成26年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(経済性を重視した二酸化炭素削減対策支援事業)」の交付決定を受けて、工場や事業場等におけるエネルギー起源二酸化炭素排出抑制のための二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業を実施します。

当該診断を受診することにより、

■具体的な二酸化炭素削減対策(設備更新・導入、運用改善等の対策方法別の削減可能量及び対策コスト等)を明らかすることができる。

■国策に基づく事業のため、診断経費が補助される


といったメリットを享受することができます。

事業概要 設備の導入状況、運用状況、エネルギー消費状況等を踏まえ、当該事業所において適用可能な具体的な二酸化炭素削減対策(設備更新・導入、運用改善等の対策方法別の削減可能量及び対策コスト等)を明らかにします。
 診断結果は診断機関より受診事業所及び環境省に報告され、受診事業所においては今後の対策に活用していただくことが期待されます。本事業においては二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業を行うために必要な経費を補助金として交付します。
募集コース 【1】計測なしのコース
【2】計測ありのコース
対象事業所 平成23年度以降の直近年度における二酸化炭素の年間排出量が3,000t以上の事業所(工場・事業場)
採択予定数 工場、事業場を合わせて250事業所程度
※部門や業種、温室効果ガスの排出規模、エネルギー計測の有無、地域のバランス等に配慮し選定されます。
補助金の算出方法
定額(消費税別)
大規模【タイプA】計測ありのコース・・・170万円
〃   【タイプB】計測なしのコース・・・ 85万円
中規模【タイプC】計測ありのコース・・・128万円
〃   【タイプD】計測なしのコース・・・ 64万円
公募期間 平成26年7月28日(月)~8月22日(金)まで

オムロン フィールドエンジニアリングは、当該事業の二酸化炭素削減ポテンシャル診断を行う専門機関に指定されており、『環境省CO2削減ポテンシャル診断』で多くの実績を積み重ねております。
また、補助金の申請業務のサポートもしっかりと対応いたします。

貴社のエネルギーコスト削減をプロジェクト化させるファーストステップとして、有効な事業です。

お気軽に当社までお問い合わせください。

【関連項目】

戻る
PAGE TOP ▲