WHAT'S NEW 最新情報

工場、病院、オフィス等の省エネ対策に最適な補助金の公募受付開始!

2014.6.11

平成26年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金(エネ合)の公募がスタートしました

一般社団法人 環境共創イニシアチブは、資源エネルギー庁から執行団体としての指定を受け、平成26年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金の公募受付を開始しました。
工場、病院、オフィスなどの生産設備、空調設備、照明設備等を、高効率かつ最新の機器へ更新し、エネルギーコスト削減を達成したいとお考えの事業主様にとって有効な補助金制度です。

当該補助金活用の効果
■高効率かつ最新の機器への更新によって、エネルギーコスト削減できます。
■投資額を圧縮できます。
■国が行う事業補助金のため、返済不要です。※諸条件があります。
当社経由で申請するメリット
■補助金申請に係る書類作成等をサポートいたします。
■数多くの補助金申請&エネルギー診断の実績を活かし、採択率が上がるノウハウを蓄積しています。
■申請手続きに関する業務をサポート・アドバイスいたします。
H26年度からの主な追加、変更点
■従来の既存設備・システムの置き換え、または製造プロセスの改善等の改修を行う事業(省エネ設備・システム導入支援)に加え、電力ピーク対策についても支援対象となりました。
■申請可能な要件の基準として「費用対効果」が追加されました。
■年度をまたぐ事業を対象に追加されました。
公募期間 平成26年6月9日(月)~平成26年7月1日(火) 17:00 必着
対象者 事業活動を営んでいる法人及び個人事業主
補助金限度額 上限:1事業あたりの補助金 50億円/年度
下限:1事業あたりの補助金 100万円/年度
(補助金100万円未満は対象外)
事業年度 交付決定日から平成27年1月30日
原則単年度事業とする。
事業区分 名称 補助率

省エネ設備・システム導入支援

補助対象経費の
1/3以内

Ⅲ.エネマネ事業者を活用する場合は、補助対象経費の1/2以内

※Ⅲ単体での申請は不可

連携事業を実施する場合は、補助対象経費の1/2以内

※Ⅱ単体では適用しない

【新設】
電気需要平準化対策設備・システム導入支援
(電力ピーク対策)

※「平成26年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」の公募は平成27年7月1日をもちまして終了となりました。

※詳細については、当社までお気軽にお問い合わせください。

【関連項目】

戻る
PAGE TOP ▲