阿蘇太陽光発電道場 研修レポート

風光明媚なカルデラ台地と阿蘇山がある熊本県阿蘇地方。その阿蘇山の麓に位置する阿蘇太陽光発電道場が今回の舞台です。

蓄電・節電.comは、太陽光発電の設置から空調・照明設備等の診断や更新など、企業の抱えている問題を解決するため、高付加価値のコンサルティング提案~設計~施工~保守&メンテナンスまでを一手に引き受ける総合エンジニアリングサイトです。

蓄電・節電.comでご提供する太陽光発電システム。設置する場所や施工主様の業種も様々です。状況に応じて的確かつ高度な施工が求められる太陽光パネル設置の現場で、不具合のない施工管理を目指して全国から選抜された研修生が日々研鑽しています。

ここ、阿蘇太陽光発電道場で学んだ修了生たちは現在あらゆる現場で活躍しています。
日を追うごとに技術や知識を身につけていく研修生に密着しました。

施工概要
所在地 熊本県阿蘇市
運用開始 2012年4月~
太陽光パネル 500枚以上

阿蘇太陽光発電道場ってどんなところ?

蓄電・節電.com:本日はよろしくお願いいたします。
阿蘇道場:こちらこそ、よろしくお願いします。
-太陽光発電阿蘇道場の目的は何でしょうか。
この研修では、太陽光発電設備を施工する職人の育成ではなく、現地調査からシステム設計、資材調達、工程・施工管理までを一貫して担当する現場代理人と工事の技術管理をおこなう主任技術者の育成を目的としています。
現場代理人は主に多岐にわたる工程管理や発注者とのやり取りを、主任技術者は主に技術管理として現場での指示出し、現場まとめやチェックを行います。研修ではこの両方が出来る人材を育成しています。
太陽光発電の実際の施工を体験するのは、施工業者の立場を経験することにより、より良い施工管理を目指すためです。
さらに、太陽光発電業務の流れや、どういった事をやっているのかを学んでもらいます。
阿蘇道場では、電気設備や折板屋根を利用してどんな作業するのか、どんな点に注意すればいいのか、何が危険なのかという事を体験してもらいます。
-研修期間はどのくらいでしょうか。
1ヶ月間になります。半月が机上研修、残りの半月で実地研修を行っております。研修生たちはそれぞれの職場を離れ、研修に専念できるよう、宿泊施設に泊り込んで共同生活しています。
-道場で行っていることを具体的に教えてください。
まず、机上研修では太陽光発電の概要や構成の説明を行います。また、そもそもなぜモジュールは発電するのか、また、パネルの公称最大出力は、ある決まった共通の測定条件における最大出力に準じて決められていて、STC(スタンダード・テスト・コンディション)という基準があるのですが、この概念など、モジュール温度・パネルの照射面積や角度など本質的な事から詳細までを説明しています。

また、施工管理の立場になる現場代理人・主任技術者としてやるべきこと、具体的には現地調査から積算、物資調達や施工業者選定、技術管理まで幅広い業務を一から学びます。
机上研修の内容を元に、実際に太陽光パネルや各装置を見ながら机上で覚えたことを実際と照らし合わせて理解度を深めていきます。
-1ヶ月間にかなりのボリュームを学ぶことに驚きました。この道場で学んだ後は即戦力ですね。
そうですね、即戦力になってもらうべく、質の高い研修を行っております。
机上研修を実地研修を組み合わせることによって、体に染み込ませるわけです。現場に戻って実際にその場面になったときに思い出して活かしてほしいです。

準備7割、本番3割が大事だといいますが、まさにその通りです。
-現在研修しているのは何名でしょうか?
開講以来、ほぼ毎月開催しており、2013年7月度は13名です。昨年は既に100名が受講しており、今年も65名が受講予定です。
-受講生の年齢層を教えてください。
太陽光発電以外の業務に携わっていたベテランが多いですね。40~50代が中心です。その中で若い人ももちろんおりまして、最近では今年の5月に20代女性が受講し、既に現場で活躍しています。
オムロンフィールドエンジニアリング株式会社 環境事業部 PVソリューション部 主幹 樫原 利幸 オムロンフィールドエンジニアリング株式会社 環境事業部 PVソリューション部
環境サポート課 新保 和徳 机上研修では、スライドを見ながらあってはならない悪い施工例を学習します。ずさんな施工管理が招く粗悪な工事にならないよう、認識を新たにします。

より高度に、より正確に。~プロとしての自覚~

研修生自らが考案した治具を使用して太陽光パネルを設置している場面です。
-実地研修でのエピソードを教えてください。
ある班が太陽光パネルを合わせる際にできる隙間を均一にする治具を自作してきました。太陽光パネルの隙間と隙間の位置を確認するために必要だったようです。

この研修生たちは、なぜ自作までして治具を作ったかといいますと、太陽光パネルの位置取りは非常に難しいからです。2回、3回と調整を繰り返してようやく綺麗に設置しているというのが実情です。

仮に1mmずれてしまうと、10枚目で1cmもずれてしまうのです。規模の大きい太陽光発電設備になるとパネルが何十枚、何百枚とあるので差異が大きくなります。ミリ単位の誤差も許されない世界なのです。研修で使用する太陽光パネルの取り付け面積は大きくないのですが、それでも1mmずれるとかなり歪んでしまいます。太陽光パネルの取り付けがどれだけ大変なのかを身をもって体験することが、現場に出たときに大きな力になるのです。それを一度で正確に設置する方法は何かと思案した結果、隙間を均一にする治具を思いついたようです。

このように、研修の現場からのアイディアが出て、良いものはどんどん取り入れよう!改善していこう!という高い意識があるのが、我々の強みであり、最大の特徴でもあります。
PAGE TOP ▲