創エネイメージ画像

創エネ

企業の省エネ対策

企業の省エネ対策

原油価格の高騰や相次ぐ電気料金の値上げによるエネルギーコストの負担増は企業経営を圧迫しています。
エネルギーコストを見直ししたい経営者、施設の管理者にとって抜本的な省エネ・省コスト対策は避けて通れません。
一方、予算やリソースに限りがある中、「具体的にどこから手を付けたら良いか?」と、頭を悩ませているケースを目にします。省エネ・省コストの観点、手法は千差万別で、さまざまなメーカーやコンサル、施工業者が売り込みに来て、聞こえがいいことを言ってくるものの、「どれが本当に自社にとって最適な解決策なのかわからない」というのが実情かもしれません。

企業の省エネ対策は大きく「運用改善」と「設備改善」に分類できます。

「運用改善」は、簡単なところでは消灯の徹底であったり、デマンドピーク時に空調を手動でOFFにするなど、現在ある設備の運転時間や設定などの運用方法を見直すことにより、比較的小さい投資で省エネを実現するものです。

「設備改善」は、照明のLED化、空調設備の高効率化、ポンプ・ファンのインバータ制御等、設備を改善・更新することで、投資はかかるものの、より大きな省エネを実現するものです。

お客様の現場においてどのような対策が有効なのか、まずは現状の設備とエネルギーの使用実態を把握することが必要です。そのためにおすすめするのがエネルギー診断です。

施設内の総合的な診断をおこない、その結果をもとに最適な対策案を第三者視点で導き出し、効果の高い順にメニューとしてご提示いたします。

事業者様メリット
  • ・設備を新しくできました。投資も○年で回収できます。
  • ・今は更新しないけれど、今後どうすれば良いのか決めておく事ができました。
  • ・バタバタ忙しくて手が廻らなかったけど、電気代、燃料代が下がりました。
  • ・詳しい人が退職されて困っていたけど、施設全体の計画を立てることができました。
  • ・今年も無理なくエネルギー削減○%目標が達成できました。
  • ・照明や空調が新しくなり、省エネできただけでなく、作業環境が快適になりました。
企業の省エネ対策に有効な方法

【賢くコスト削減】リース契約 ~初期投資0円で老朽化した設備を更新する~

■設備が老朽化しているにも関わらず、設備投資の面から導入が難しいお客様に向けて、費用負担を極力抑えて初期投資費0円で高効率設備を導入する方法です。
■ROI(投資対効果)の高い対策と併せて実施することにより、初年度からメリットを享受できる場合もあります。

【賢くコスト削減】補助金を活用 ~設備投資費とエネルギーコストを同時に削減~

温室効果ガス排出削減による中小事業者等経営強化促進事業 診断に対して「定額補助」「対策実施に対して「2/3の補助」

一般的な補助事業と比較して、補助率・対象範囲ともに手厚い補助事業です。対象事業所は中小事業所です。

エネルギー使用合理化事業者支援事業 補助率「1/3」

省エネ対策に関する助成事業の中でも最もポピュラーな事業です。業種を問わず活用できますが、特に製造業のお客様に多く用いられます。

各補助金制度については、所定の要件がございます。詳細についてはお問い合わせください。

【賢くコスト削減】優遇税制を活用 ~即時償却・税額控除できる税制のご紹介~

生産性向上設備投資促進税制 即時償却または税額控除5%(平成26年1月20日から平成28年3月末日まで)

質の高い設備投資の促進によって事業者の生産性向上を図り、もって我が国経済の発展を図るため、「先進設備」や「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」を導入する際の優遇税制措置です。

グリーン投資減税 30%特別償却または税額控除7%(平成28年3月末日まで)

国の「エネルギー基本計画」及び「新成長戦略」を踏まえ、エネルギー安定供給の確保と低炭素成長社会の実現を目指すため、最新の技術を駆使した高効率な省エネ・低炭素設備や、再生可能エネルギー設備への投資(グリーン投資)を重点的に支援するために創設された優遇税制措置です。

当社は、診断~設備更新~運用改善までワンストップでご提供できる数少ない総合エンジニアリング企業です、設備更新の検討を開始した、あるいはこれまでの検討内容を見直したいとお考えがありましたらまずはご相談ください。

先進的な工場を目指す経営者様へ

今こそ老朽化した設備を高効率化して病院経営改革を

PAGE TOP ▲