創エネイメージ画像

創エネ

設備の改善ポイント

冷却水ポンプ インバータ制御

空調設備編

冷却水ポンプのインバータ制御を追加することで、エネルギー使用量を削減。
契約電力を低減することができます。

冷却塔出口温度一定による周波数比例制御

投資対効果試算

投資回収3.4年

電気料金243万円が半減。初期投資額400万円、投資回収年数3.4年

現状 改修後 削減量 投資対効果(試算)
電気使用量 162,000kWh 83,000kWh ▲79,000kWh 初期投資額
400万円
電気料金 243万円/年 125万円/年 ▲118万円/年 投資回収年数
3.4年

[シミュレーション条件]
日運転時間    昼間  12時間
年運転日数    365日間
ポンプ出力    37kW *1 *2
電力単価      15.0円 *3

*1 ポンプ流量を平均80%まで下げることができるものと想定します。
*2 条件によっては制御方法が異なる場合があります。
*3 基本料金・従量料金合算単価


生産設備編

冷却水ポンプのインバータ制御を追加し、エネルギー使用量を削減します。
冷却水配管に圧力計を追加、冷却水ポンプの動力回路にインバータを追加し、プレス機が停止した時はプレス機電磁弁が閉まる動作を検知して水量を減らします。

ポンプ吐出力一定による周波数比例制御

投資対効果試算

投資回収3.2年

電気料金145万円が1/3に。初期投資額300万円、投資回収年数3.4年

現状 改修後 削減量 投資対効果(試算)
電気使用量 96,000kWh 33,000kWh ▲63,000kWh 初期投資額
300万円
電気料金 145万円/年 50万円/年 ▲95万円/年 投資回収年数
3.2年

[シミュレーション条件]
日運転時間    24時間
              昼間  14時間
              夜間  10時間
年運転日数    365日間
ポンプ出力    11kW *1,*2
電力単価      15.0円*3

*1 ポンプ流量を平均70%まで下げることができるものと想定します。
*2 条件によっては制御方法が異なる場合があります。
*3 基本料金・従量料金合算単価

「デマンド空調制御」に戻る 次は「換気扇コントローラ」へ
PAGE TOP ▲