創エネイメージ画像

創エネ

設備の改善ポイント

高効率空調機

空調機の寿命は一般的に約15年です。老朽化した空調機を更新することにより、30~40%の電気使用量を削減します

15年経過した空調機を最新式の空調機に更新すると、COPが2.75から4.0に。インバータ制御で効率UP!対象となる機器:パッケージエアコン(ビル用マルチ、店舗用、業務用)

投資対効果試算

投資回収12.6年

電気料金318万円が約2/3に。初期投資額1,200万円、投資回収年数12.6年

現状 改修後 削減量 投資対効果(試算)
電気使用量 212,000kWh 149,000kWh ▲63,000kWh 初期投資額
1,200万円
電気料金 318万円/年 223万円/年 ▲95万円/年 投資回収年数
12.6年

[シミュレーション条件]
日運転時間:24時間
      昼間:14時間
      夜間:10時間
年運転日数:365日間
対象施設  :病院
ビル用マルチ空調機:10馬力×5式
電力単価  :15.0円 *1

*1 基本料金・従量料金合算単価

「コンプレッサーの吐出圧低減」に戻る 次は「LED照明の導入」へ
PAGE TOP ▲