創エネイメージ画像

創エネ

設備の改善ポイント

LED照明の導入

お勧めの設置場所

以下の様な設置環境へのLED照明の導入は特にお勧めです。投資対効果が高くなります。

  • 高天井照明
    高天井に最適なLED照明 水銀灯型LED
  • 点灯時間が長い場所
    点灯時間が長い場所に最適なLED照明 直管型LED
  • 導入後、時間が経っている場所
    導入後、時間が経っている場所に最適なLED照明 両者の併用

蛍光灯・水銀灯をLEDに替えるメリット

  • メリット1
    寿命が長い
    ・蛍光灯や水銀灯の4~6倍の長寿命
    ・40,000~60,000時間もの長寿命
    ・ランプ切れ交換の手間とコストを削減
  • メリット2
    電気料金の大幅削減
    ・消費電力が少ないため、電気料金の大幅な削減が可能
    ・蛍光灯の約50%、水銀灯なら約80%
  • メリット3
    環境に配慮
    ・消費電力が少ないのでCO2排出量も同時に削減
  • メリット4
    管や球にガラスを使わない
    ・災害時などでも割れにくく飛散しにくい
  • メリット5
    水銀を使わない
    ・一般廃棄物としての処理が可能
    ・オフィス什器や陳列商品などを変色させにくい
  • メリット6
    発熱量が少ない
    ・LEDは照射方向に熱をほとんど出さないため、空調の電気代を削減
  • メリット7
    即時に点灯
    ・点灯速度が速く、待機時間なし
  • メリット8
    虫が寄りつきにくい
    ・虫が好む(虫が寄りつきやすい)波長をカットしているため、光に虫が集まりにくい

投資対効果

蛍光灯とLEDの累積照明コスト

FLR40WをLED化した場合、電気料金48万円が28万円に。
FLR40Wを安定器・ランプ交換して継続使用した場合とLED化した場合を比較すると、LED化した場合の方が経済合理性に優れます。FLR40Wは、初期費は安いのですが、累積照明コスト(初期費+運用費)がLEDより多く掛かります。累積照明コストは3.1年で逆転し、LEDの方が安価になります。

投資回収3.1年
現状 改修後 削減量 投資対効果(試算)
初期投資額 90万円 165万円 +75万円 ---
交換ランプ代 4万円 --- ▲4万円/年 ---
電気使用量 25,000kWh 10,000kWh ▲15,000kWh ---
電気料金 48万円/年 28万円/年 ▲20万円/年 投資回収年数
3.1年

[シミュレーション条件]
日点灯時間        昼間15時間
年点灯時間        250日間
蛍光灯消費電力    44kW(安定器含む)
交換本数          150本
交換後LED消費電力  18W
電力単価           18円/kWh

*1 :既設の灯具の流用を前提としています。
*2 :条件によっては電力削減効果が異なる場合があります。

「高効率空調機」に戻る
  • デマンド空調制御
  • 冷却水ポンプ、インバータ制御
  • 換気扇コントローラ
  • コンプレッサーの吐出圧低減
  • 高効率空調機
  • LED照明の導入
PAGE TOP ▲