創エネイメージ画像

創エネ

運用改善のポイント

冷温水における温度管理値見直し

グラフ:冷凍機の冷水温度と単位入力(冷水温度差5度)

通常、冷水の温度設定は7℃に設定されています。
中間期・冬季においてはこの冷水温度設定値を変更することにより、チラーの動力を低減することが可能になります。(右表参照) 特に、冬季に冷房運転が必要なケースでは、この温度設定の変更により、大幅に電力消費を低減することが可能になります。

事例

以下の表は7℃の設定温度を中間期・冬季に変更した事例になります。

表:冷水温度設定例(通常7度の温度設定と変更後の温度設定)

投資回収シミュレーション

40HP冷凍機2台の場合、電気料金が6万円下がります。

現状 改修後 削減量 投資対効果(試算)
電気使用量
[kWh /年]
0 ▲3,988kWh ▲3,988kWh 初期投資額
0円
CO2排出量
[t-CO2/年]
0 ▲2.2t-CO2 ▲2.2t-CO2
原油換算量
[kL /年]
0 ▲1kL ▲1kL 投資回収年数
-[年]
電気料金
[円/年]
0 ▲60,000円/年 ▲60,000円/年

[シミュレーション条件]
冷凍機・・・・・・・40HP×2台
日運転時間・・・・・24時間
月運転日数・・・・・30日

[シミュレーション条件]
電力原油換算係数・・・・・0.0258 [kL/GJ]
電力CO2換算係数・・・・・0.555[t-CO2/MWh]
電力単価・・・・・・・・・15.0[円/kWh]

「発電機の稼働による契約電力の低減」に戻る
  • 断熱カバー
  • エア漏れ対策
  • 発電機の稼働による契約電力の低減
  • 冷温水における温度管理値見直し
  • 運用改善ポイントへ戻る
PAGE TOP ▲