O&Mとは

ホンモノのO&M(運用と保守)とは?

太陽光発電システムはメンテナンスフリーと言われますが、決してそうではありません。システムの安定運用を実現するにはさまざまな課題があり、日々それらの課題を解決していくことが必要となってきます。中でも大きな課題が、放っておくと、売電収入の損失を招いたり、発電所の資産価値を落とすことになったりする「発電異常」です。しかも監視だけで見つかる異常は全体の30%程度。残りの70%の見つかりにくい「発電異常」に見舞われたらどうしますか?

Graph Image

ホンモノのO&Mサービスはこの見つかりにくい水面下の異常も検出、発電機会の損出を最小におさえ、発電所の安定稼動を支援し売電収入の最大化を実現するものです。そしてまた、20年後も価値の高い発電所であることにも寄与します。

Ocen Image

太陽光発電の「発電異常」を引き起こすトラブルの代表例

Examples Image

太陽光発電システムの安定稼働の鍵を握るO&M(運用と保守)。オムロン フィールドエンジニアリングのO&Mサービス(遠隔監視・保守サービス)は、単に遠隔監視システムをご提供するのではありません。さまざまな角度から複数の視点で監視を行い、独自のアルゴリズムにより開発された分析ツールが普通では見つけにくい発電異常も検知し、その状況を解析したうえでお客様にお知らせするとともに、全国140の保守拠点から最寄の専門技術員が駆け付け、問題の切り分けをおこないます。

go_to_top