What’s New|最新情報

2014.01.09

平成25年度買取単価36円適用の救済措置が発表されました!

太陽光発電設備をはじめとした再生可能エネルギーの全量買取制度がスタートして1年半が経過しました。

電力各社は、平成25年度の買取単価36円(税抜)について、以下の条件を満たしていれば適用になるという救済措置が発表されました。

平成26年度の買取単価は未定ですが、下落傾向にあると言われております。 36円(税抜)の権利を取得して有利な条件で売電事業を行いましょう!

【平成26年度売電開始(設備完成)で、平成25年度売電価格36円(税抜)が適用される条件】
経済産業省省令及び告知上、平成26年3月31日までに
(1)経済産業大臣の設備認定を受ける
(2)系統連系に関する契約の申し込み書類を電気事業者が受領する
以上の2点を済ませておく必要があります。

オムロンフィールドエンジニアリングでは、電力会社への接続検討申込、経済産業局への設備認定申請のサポートはもちろん、権利獲得後の施工、売電開始後の保守&メンテナンスまでワンストップで貴社をサポートいたします。

昨年内のお申し込みが間に合わなかった事業者様、お早めにお問い合せください。
(※お申し込み受け付けは終了しました)

【この情報についての詳細ページはコチラ】
再生可能エネルギーの売電価格は縮小傾向?!平成25年度の権利獲得申請締切り間近?!(※ページの公開を終了しました)
太陽光発電の導入をお考えならお早目のご決断をおすすめします。(※ページの公開を終了しました)
【関連項目】
20年間売電最大化 産業用太陽光発電システム
太陽光発電システムトップ