What’s New|最新情報

2015.03.20

平成27年度FIT価格、決定!

産業用の太陽光は32円から29円(4月1日~6月30日)、27円(7月1日~)に、
新規区分の2000kW未満の中小規模の木質バイオマス(未利用木材燃焼発電)は40円

平成27年度のFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)の買取価格および買取期間が発表されました。政府の審議会「調達価格等算定委員会(第19回)」が2月24日に提出した委員長案どおりに決まりました。

太陽光発電については、10kW以上の非住宅用システムでは平成26年度の32円/kWhに対し、平成27年度は29円/kWh(4月1日~6月30日)、27円/kWh(7月1日~)、10kW未満の住宅用システムでは、平成26年度が37円/kWhに対し、平成27年度は33円/kWh(出力制御対応機器設置なし)、35円/kWh(出力制御対応機器設置あり)と、それぞれ買取価格が引き下げられました。


一方、導入量がふえてきたバイオマスでは新たな買取区分が設けられ、2000kW未満の中小規模の木質バイオマス(未利用木材燃焼発電)では、40円/kWhの買取価格が設定されました。


太陽光発電、バイオマス以外の、風力発電、水力発電、地熱発電については、平成26年度の買取価格、買取期間がそのまま据え置きとなりました。
※買取価格はすべて税抜。
※FITを活用した売電事業、再生可能エネルギーの導入に関するご相談はオムロン フィールドエンジニアリングへお気軽にお問い合わせください。

【関連項目】
再生可能エネルギー固定価格買取制度
太陽光発電システム
小型風力発電
創エネ エンジニアリング