What’s New|最新情報

2018.03.28

平成29年度補正予算「省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業」 公募開始・予算額は78億円

2018年度秋からの工事を検討される事業者様に最適な補助事業の公募が開始されました。

資源エネルギー庁の資料によると、本補助事業はエネルギー使用量の計測・制御等の機能を有する、省エネ性能の高い設備の導入による、生産性の向上に資する省エネ取組を支援するものです。また、設備の入替効果のみならず、設備の運用改善による省エネポテンシャルの深掘りの効果を追求します。

具体的には、省エネルギー性能の高い設備(省エネ型設備)の導入と併せて、導入する設備に係るエネルギー使用量等を計測・蓄積する装置(見える化装置)の導入を支援する制度です。導入した設備のエネルギー使用状況を見える化し、省エネ設備導入後における適切な運用管理や気づきを促します。

出典:経済産業省 「省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業」より

■補助事業期間
◎公募期間 : 2018年3月20日(火) ~ 4月20日(金)
◎事業完了 : 2018年10月31日

■補助金額
◎補助対象設備購入額の補助率1/3以内

※工事費・運搬費等は含められません。
※上限:1事業あたりの補助金3,000万円

中小企業等における省エネの推進は、エネルギーコストの低減による利益増大や、エネルギーコストの急騰による経営リスクの軽減などで、経営体質が強化されて生産性の向上に直結します。

補助金採択の競争は激化しており、本補助事業は公募期間も短く、すぐに準備が必要です。
事業場の設備更新による省エネ対策をご検討されている事業者様は、早急に当社にお問い合わせください。

【参考情報】(外部リンク)
経済産業省 資源エネルギー庁 PR資料

【関連項目】
設備更新計画作成・予算化支援
省エネ エンジニアリング