オムロン フィールドエンジニアリング株式会社

What’s New|最新情報

2019.09.03

『脱炭素経営セミナー(実践編)省エネの二大テーマ「電気」エネルギー「熱」エネルギー』は好評のうちに 終了いたしました。

去る6月21日(金)より名古屋・大阪・福岡・東京において開催いたしました『脱炭素経営セミナー(実践編)、省エネの二大テーマ「電気」エネルギー「熱」エネルギー』は7月19日(金)の東京会場をもって好評のうちに終了いたしました。各会場においましてはたくさんのみなさまのご来場、誠にありがとうございました。3部構成にて実施した本セミナーですが、プログラムは以下の通りとなっており、ご参加いただきましたみなさまの9割以上の方にご満足いただくことができました。


特にご期待の声が大きかった一般社団法人日本エレクトロヒートセンター様による第3部「廃熱活用ソリューション」をはじめ、セミナー全般に対して、ご参加のみなさまより「わかりやすかった」「参考になった」というご意見もいただきました。
また、講演終了後の個別相談会(自由参加・無料)にも多くの企業様がご参加くださり、自社の課題や本セミナーの講演内容へのご質問など、さまざまなご意見・ご相談を頂戴しました。例えば
「エネルギー関連の世界と日本の情勢や、脱炭素経営の推進に欠かせない各イニシアチブについて等の話は参考になった」
「投資対効果が低いと思っていた自家消費型太陽光発電に関する採算性の話や導入事例は興味深い」
などに加え、
「捨てている熱が省エネに大きく貢献することに驚いた。排熱利用の可能性を感じた」
「排熱を活用した企業の事例は参考になるのでもっと知りたい。」
「排熱を回収しても自社内では使い道がなかったが、いろいろなやり方があることを知り、検討を進められる」
「排熱活用に対する国の補助など支援の制度や仕組みも知りたい」
と言ったご意見も寄せられました。

このようなご意見・ご要望を受け、次回は企業のみなさまの脱炭素の取り組みを支援できる補助金情報をお届けするセミナーを開催する予定です。電気と熱をはじめ、BCP対策や蓄電池の活用を含むエネルギー対策を支援する補助金のご紹介をメインに、補助金活用における当社の実績からその最適化事例等をわかりやすく解説するなど、ご関心をお持ちの法人のみなさまにご満足いただけるよう企画しております。詳細が決定いたしましたら本ウエブサイト(蓄電・節電ドットコム)ならびにメールマガジンにてお知らせいたします。ぜひご来場ください。

→ メールマガジンのご登録はこちらから

【関連記事】
→ 省エネ対策の革新、注目すべき「排熱」の有効利用
→「省・創・蓄エネ+最適制御」によるエネルギー合理化事業