コージェネレーションシステム

ひとつの燃料から電力と熱を生産し供給する エネルギーの効率的運用システム

コージェネレーションシステムとは?

コージェネレーションシステム(コジェネ)は、石油や天然ガス等を燃料として、エンジンやタービンを用いて発電するとともに、その際に発生する熱を冷暖房や給湯、蒸気などの用途に有効利用するシステムです。
電気と熱の両方を活用することにより、燃料が本来持っているエネルギーを無駄なく使うことができ、省エネ・省コストに貢献します。

コージェネレーションシステムとは?

コージェネレーションシステムの特徴

  • 分散電源であるコージェネレーションシステムは、災害や事故などで停電になった場合でも、燃料さえあれば長時間にわたって安定的に電力を使用することができます。そのため、地域の防災拠点としても活用することが可能です。
  • ピークシフトなど契約電力上昇に対する対策にも有効です。
  • 排熱を有効活用することで、エネルギーコストの削減を実現します。
  • ホテルや病院、生産工場など熱や温水を多く必要とする施設で効果が期待できます。

コージェネレーションシステムの特徴

再生可能エネルギーとO&Mに関するお問い合わせはこちらから