「ソラモニ」のヘルプデスクとは?

お客様はもちろん、他社では見つけられない異常を見つけるのが
私たちヘルプデスクの使命であり、ソラモニのサービスの「肝」ですね

現在、「ソラモニ」によるO&Mサービスでヘルプデスクが監視している発電所は、低圧・高圧合わせて1500サイトにのぼる。この3年余り、オムロンフィールドエンジニアリングが運営する太陽光発電の見守りサービス「ソラモニ」のヘルプデスクは、開設当初からさまざまな異常事象を経験し、そのひとつひとつを蓄積してきた。

「ソラモニ」ヘルプデスク

「ソラモニ」ヘルプデスク

オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
ビジネスインフラ本部 西部カスタマサポート部
大阪コンタクトセンタ

「ソラモニ」ヘルプデスク

「機械で検知できるアラート・異常」は他社でも実施しています。でも私たちは違います。機械での監視はもちろんしていますが、それだけではなく、それに加えて「人の目で確認する」「人が判断する」っていうところ、言うなれば「ダブルチェック」が太陽光発電に関しては絶対的に必要だと思っています。「機械で検知できる」ものは実際どこでも(=他社でも)できているし、サービスの料金も比較的安価にできる場合もありますし、それによって発電所に何らかの問題が起きていることも特定できるのは確かです。

私たちがよくお話している「機械で検知できない障害」というのが、この円グラフでわかると思います。あれは掛け値なしに真実で、そのような「水面下の異常」を検知できるサービスが、はたして他の監視サービスの中にあるのか?・・ということを念頭に、私たちは今の「ソラモニ」の監視システムに対し満足せず、新たな取組みを行っていっています。機械的に検知できることでいいなら「ソラモニ」でなくてもいい。数字に現れないような高度な部分、もっと細かい「発電ロス」を見つけるのが私たちヘルプデスクの使命であり、またお客様も他社でも見つけることのできない「発電異常」を見つけることがお客様に提供すべきサービスの肝だと思っています。  そのためには、起こってみないとわからない新しい世界だったこの太陽光発電の監視において、起きる事象ひとつひとつの原因を究明し、その対策をひとつひとつしっかりやっていくことで得てきた知識や経験の蓄積を、今まで以上に今後も新しい事象をはじめ経験できることを蓄積し、分析力とノウハウを充実させていかなければいけないと考えています。

基本的に何か障害があったとしたら、それが自然と復旧することはあまりありません

例えば季節要因。太陽の高度が下がってくるとそれだけ影がかかる可能性が増えます。建造物であったり送電線であったり、あるいは鉄塔であったり。夏場よりも冬の方が太陽の高度が低いため影がかかりやすいので、そのような季節ごとの要因に対し「この発電所はこういう特徴がある」とか、「この発電所は冬にはこういった問題がある」だとか、そういった「発電所ごとのクセ」のようなところを見極めることも必要なんです。そういう発電所ごとに特徴があるっていうのはだいたい把握しています。たとえば、異常を示すアラートが出やすい発電所もあれば全く出ない発電所もあります。これについては、アラートごとに発電量のデータなどを確認し、アラートが本当に「発電異常」なのか、対応が必要なものなのかどうか、っていうのも把握しています。

そして天候的要因。雨の日は発電しない、というのは間違いで、少々の雨なら発電はしますし、そもそも雨で発電しないというのは相当真っ暗な状態なんです。黒い雲がだーっと来ているとかそういう状況で無い限り発電停止にはならないんです。ですから全国的に雨が降っていて、アラートが出た時、天候以外の原因がないかどうかを確認します。そして「ソラモニ」サービスの優位性は、機械がこのようにアラートを出す以外の「発電異常」を見つけることができる、というところに主眼を置いていることです。これは当社の標準であり、他社には真似のできないサービスだと思っています。

たとえば、「ソラモニ」のサービスでは、接続箱単位の直流計測でストリングレベルの発電ロスを検出できる目処がたってきています。これまでにヘルプデスクでのさまざまな知見が蓄積・応用できているということでもあります。そしてこれはお客様にとっても、初期投資を抑えて発電ロスを発見できる大きなメリットでもあると考えています。

発電量の増減が本当に妥当なのかを突き詰めていくのも「ソラモニ」のサービスだけ

機械的にはアラートが立つことは殆どなく、そんな僅かな発電量の低下ではあるんですけれども、それを見つける、そのような微細な発電量の低下をできる限り検知する。アラートが立たないにも拘らず発電量の低下を見つけるところ、それが「ソラモニ」サービスの優位性だと思います。

また、過去の発電量と一年後の現在の発電量を比較すること、例えばただ単に電力会社からの明細書を見てプラスになった、マイナスだった、というのは誰でも判断できます。しかし、その時の日射量がどうなっていたか?天候はどうだったのか?という環境条件との関係を踏まえてプラスなのか、マイナスだったのかを判断しないと、せっかく「増えた」と思ったものも、本当に喜んで良い「増えた」なのかわからないですね。

つまり、どういうことかと言うと、例えば昨年度の10月は比較的天気が悪くて、今年度の10月は記録的に天気が良かったとした場合、売電量は20%増加していて、それは「良かった」となりますが、今年度はそれ以上に「日射量」が増えていたとすると、純粋に[売電量が増えた]とは言えないかもしれません。

「ソラモニ」ヘルプデスク 「ソラモニ」の監視サービスにおいてはこのような条件を踏まえて、発電量の増減が本当に妥当なのかを突き詰めていきます。恐らく他社ではここまではしていないと思います。最終的には「妥当な売電収入」を得られているかどうか、ということがポイントとなるので、その観点に置いては私たちが行っている『人の目による分析』というのが非常に有効だと思います。私たちヘルプデスクの陣容は太陽光発電所の発電設備の設計・施工訓練を受けています。だから「モノ自身」をわかっているし、電気関係の資格を持ってもいます。単純に「監視人員をおいています」ではなく、監視人員全員が技術者で、資格を保有し、現場のこともわかっている。これは大きな強みだと思いますが、そういう私たちが、発電量の数値以外のものについても細かく見ていますし、いつ、何が、起きたか?を検知していますので、その事象を加味して発電事業者様に「監視」のサービスを提供しています。一般的な監視のみではなく、実際には本当にさまざまな要因を加味して、それを実際に分析して報告できるというのが強みであり、特長だと思っていますね。

メンテナンスを全く行わずに「売電収入」だけをキープできる
・・・なんていう、うまい話はないですね。

一般的には実際の発電量が、事前のシミュレーション値を超えていれば、お客様としては満足される場合が、当たり前ですが多いんです。しかし私たちは、シミュレーション値をクリアしさえすればOKということではなく、シミュレーション値よりももっとたくさんの発電量を、できる限り長期に渡って維持できるような仕組みをつくっていきたいと考え、サービスを提供しています。メンテナンスを全く行わずに「売電収入」だけをキープできる・・・なんていううまい話はないですね。売電収入の減額よりも保守メンテナンスに費用を投じてシミュレーション値を超える売電収入をキープする、っていうところでの有効なコストのかけ方を提案する、というようなことも視野に入れていかないと、これから先はダメなんだ、と。

20年後も価値の高い発電所にしておきたい、っていうのは事業者様なら誰でも望むことでしょう。そのためにオムロンの「ソラモニ」がお役立ちしますよ、っていうところ、本当にあるんですよ。現在利用中の監視サービスに満足せずに、妥当な売電収入をキープできているのかを見極めて、それができる運用・監視・保守のサービス「ソラモニ」のメリットを知って頂きたいと思いますし、そのために私たちはケーススタディと分析によるノウハウの蓄積を行い続けます。

  • あなたの発電所は 大丈夫ですか?
  • 太陽光発電システムの見守りサービス「ソラモニ」 映像で観る「オムロンのソラモニとは」
再生可能エネルギーとO&Mに関するお問い合わせはこちらから