ene-maga:企業価値向上のためのESG対策

企業価値向上のためのESG対策

2017年11月10日東京・20日大阪にて開催された日経産業新聞フォーラム「企業価値向上のためのESG対策」にて、当社の今井(エネルギーマネジメント事業本部・部長)が「企業価値を向上する「E:環境」の取り組みとは」と題したプレゼンテーションをさせていただきました。

「企業価値向上のためのESG対策」とは?

 環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の頭文字を取ったESG。今日、企業の持続的な成長のためにこの3つの観点が必要だという考え方が世界的に主流となってきています。裏を返せば、この3つの観点が薄い企業は、リスクを抱えており、持続的に成長できない企業だと解されることになります。これにより、企業の株主である投資家たちの間でもESGの3つの観点は急速に重要視されるようになり、投資の意思決定においても、従来型の財務情報はもちろんですが、ESGも考慮に入れるようになり、この投資手法は「ESG投資」と呼ばれ、日本国内でも重要視されてきています。このような動きを背景に、さまざまな企業が「ESG」の3つの観点を重視した企業戦略について考えざるを得なくなっており、その対策の必要性が高まっているのです。

 このフォーラムは、当社からのプレゼンテーションのほかに、有識者によるESG全般に関する基調講演をはじめ、ESG投資の対策が進む企業による、先進事例からなる講演に加え、ESG指数の向上のためのコンサルティングサービスを行う企業のプレゼンテーションで構成され、それぞれの見地からESG投資に向け、どう対策すべきなのか、現状ならびにその展望について発信しました。

クリックして拡大

脱炭素時代に向けた企業の取り組み「S-EMS」で支援するESG対策

 ESGの「E:環境」の取り組みを支援する当社の本フォーラムでのプレゼンテーションに関する資料(ダイジェスト版)を、ESG対策に課題をお持ちの企業のみなさまに差し上げます。ご関心のある方は以下よりお申し込みください。

資料請求はこちらから