ene-maga:省エネ対策の革新、注目すべき「排熱」の有効利用

省エネ対策の革新、注目すべき「排熱」の有効利用
省エネ対策の革新、注目すべき「排熱」の有効利用

世界中がエネルギー問題に注目するようになり、多くの企業が「脱炭素経営」を掲げて対策に乗り出し始めた昨今、再生可能エネルギーの導入による電力の自家消費、エネルギー使用量の見える化により、省エネ行動につなげる活動は、すでに一般的な省エネ対策として実践されています。このようなエネルギーソリューションと同様に、今注目され始めているのが「熱」エネルギーのソリューションです。

資源エネルギー庁の資料によると、我が国の「最終エネルギー消費量」のうち、約4割は「熱利用(※)」であるといいます。これを部門別にみたとき、産業部門の最終エネルギー消費量の約6割弱が「熱」のかたちで消費されていることがわかります。
(※)冷暖房のような電気由来の熱も含みます。

このようなデータから考察すると、「熱」の有効利用は環境への配慮や省エネ対策の観点で、社会的かつ脱炭素経営を掲げる企業にとって、今後さらに重要視されるものと考えられます。

捨てるしかなかった熱=「未利用熱」、その活用が鍵

2018年7月・資源エネルギー庁発表の「第5次エネルギー基本計画」において、わが国は、地球温暖化対策と経済成長を両立させながら、長期的目標として2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指す、としています。これがいかに厳しい目標であるかを理解した上で、さまざまな企業がその達成に向けてエネルギー改革を進め、脱炭素経営にチャレンジしています。そんな中、注目されているのは[捨てるしかなかった熱(未利用熱)]の有効活用です。

具体的にいうと、例えば工場では、燃料の加熱はもちろん、冷却においても大量のエネルギーが利用されており、それにともなって排出される熱(排熱)も大量になります。この大量の捨てられる熱を、機器を代替して、或いは技術を駆使して、利用できるエネルギーに転換し活用するといったことです。

当社オムロン フィールドエンジニアリングはこのような未利用熱の活用に着目し、自社のエネルギーラボ施設において実証実験を行うとともに、その結果を反映した企画や対応計画を提案。ノウハウと技術で導入を支援しています。これからの省エネ対策に欠かせないポイントとなる「熱」の有効活用について詳しく知りたい方、課題をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから