エネルギー管理支援サービス

オムロン フィールドエンジニアリングがお勧めするエネルギー管理支援サービス 事業所の設備更新・省エネ設備導入 導入費の最大1/2が補助されます。(※1)活用補助金『エネルギー使用合理化等事業者支援補助金事業』/エネマネ事業者を活用の場合

空調設備・照明設備・冷蔵冷凍設備等のユーティリティー設備や生産設備の電力料金を下げたい。事業所全体のエネルギー使用状況を【見える化】したい。

お問い合わせはこちら

エネルギー管理支援サービスとは

エネマネ事業者によって、省エネ設備・システムや電力ピーク対策に寄与する設備・システムなどに対し、エネルギーマネジメントシステム(EMS)導入によって提供される、向上・事業場等の省エネルギー事業の支援サービスです。「エネ合」ではこのエネマネ事業者と連携し、EMSを導入することによる省エネ対策で、通常補助率1/3が補助されるところ、最大1/2まで補助されるようになります。

【POINT 1】エネルギーマネジメントシステム(EMS)とは?

Energy Management System/エネルギーマネジメントシステム(または、エネルギー管理システムと言う)は、電気、熱、ガスなどのエネルギーの見える化や設備の最適運用などを実現するシステムであり、データを見える化し、省エネ行動につなげる、または自動的に制御・調達する機能を持つシステムのことです。また、補助対象となるEMSは、SII(一般社団法人 環境共創イニシアチブ)が指定するEMS機能要件をすべて満たす必要があります。

【POINT 2】エネマネ事業者とは?

経済産業省より委託された執行団体である一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)がエネルギー使用合理化等事業者支援補助事業を実施するにあたり、SIIに登録された事業者を言います。当社は「平成29年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業(省エネ補助金)」におけるエネマネ事業者(コンソーシアム事業者)として登録されております。※エネマネ事業者の詳細は一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)のホームページをご覧ください。

お問い合わせはこちら

総額1億円の設備更新時の補助金活用例

負担する総工事費10,800万円→6,300万円 自己負担費用の大幅削減を実現!

オムロン フィールドエンジニアリングのEMS

当社(エネマネ事業者)と連携することで、1/2の補助金活用も可能に。

【1.見える化】建屋全体の電力使用状況がリアルタイムでモニター可能。エネルギー管理、日報、月報ログ機能も充実【2.省エネ】照明、空調、要冷、ポンプ、換気等の

各設備を自動で省エネ制御【3.管理】クラウド利用で、遠隔での監視や制御設定の変更が可能

お問い合わせはこちら

エネルギー診断から設備更新までワンストップでご提供 ー総合エンジニアリング会社ー

電気代・燃料代等のエネルギーコスト削減、また新・再エネを活用したエネルギー安定供給の両輪を手がける数少ないエンジニアリング会社、それがオムロン フィールドエンジニアリングです。

【豊富な補助金申請実績と蓄積されたノウハウ(採択率80%)】様々な補助事業への申請実績があり、各補助事業に関する知識、情報、および蓄積されたノウハウを有し、申請~補助事業完了まで全面的にサポートが可能です。

【高い省エネ診断力(累計78件)】環境省のCO2削減・節電ポテンシャル診断事業(平成22年度~)の診断事業者に初年度から登録されています。累計で78件の診断実績。【幅広いソリューション提案力】太陽光/小形風力発電、木質バイオマス、エネマネ等幅広いソリューションを提供。自社でエネルギー実証サイトを構築し、設計ノウハウも蓄積。

【確かな信用力】公共・社会システム分野での40年以上の実績と信用力で、将来に渡ってご安心いただけます。【メーカーフリー】メーカー系エンジニアリング会社の立場ではないため、お客様の施設に最適な機器、システムのご提案が可能。

エネルギーコスト削減対策、エネルギー安定供給対策の両面から、診断・計画・設計・施行まですべて当社にお任せください!

お問い合わせはこちら