エネルギーの「見える化」

エネルギーのプロによる診断で 設備の改善点を「見える化」しましょう

エネルギーの「見える化」とは

工場など事業場の照明・エアコンなどの設備にセンサーを取り付けで、電力などのエネルギーの使用量をリアルタイムに計測し、快適な環境を残したまま、不要なエネルギーを自動でカットする監視・制御システムのことです。見える化システムを導入することにより、施設管理者は施設全体のエネルギー使用状況をリアルタイムで監視し、自動もしくは手動制御によって、エネルギーを効率よく使用できるようになります。

エネルギーの「見える化」によるメリット

見える化システムを導入し、建物全体、部屋ごと、設備ごとのエネルギーの使用状況を可視化することで、エネルギー使用のピークをコントロールすることができます。たとえば、電力なら、一日の消費のピークは昼間であるため、昼間の時間帯の電気代が割高に設定されていますが、見える化により、電力使用のピークをコントロールし、電気代を節約することができます。使わない設備の電源を止めたり、調整することで、電力の消費を抑制する「ピークカット」、設備の稼働時間帯を昼間から夜間に移行する「ピークシフト」などが有効な手法です。

省エネエンジニアリングに関するお問い合わせはこちらから